認識の違い

同じ物を見ていても、個々人、微妙に認識が違うということはよくあること。

いわゆる、共通認識を持つことは、誰かと一緒に居るとき大切なことです。

認識というは、一瞬のうちに、また、意識的・無意識的に今までの経験や社会通念、ルール、感情、身体感覚など

自分にある情報を照らし合わせてできあがるモノ。

相互理解可能な範囲ならば、問題は無いと思いますが、

かなり違っていると、どうしても生きづらくなります。

”自分の言うことが通じない”、”他者の言っていることが理解できない”、という事態が発生!

仕事が上手くいかない、人間関係が上手くいかない事態に陥ることは想像に難くありません。

認識の違いは、育った環境だけでなく、+脳のつくり とも言えます。